(全体設計のくわしい説明)

Scratch 2 オフラインで使える音声対話ロボット/音声対話システム用ブロック

気軽に対話システムや対話ロボット、スマートスピーカーを作成するには、音声合成・認識、画像認識、センサやLED・モーターなどを Scratch で使えると面白そうです。たとえば人が座ると目が光ってしゃべりかけてくるとか。そんないろいろな発想を実現する Scratch ブロックを紹介します。常にインターネットに接続できる環境にいるとは限らないので、すべてオフラインで動作するようになっています。

音声合成 s2speak 音声認識 s2listen 顔検出 s2face Arduino s2aio micro:bit s2microbit-ble

(クリックするとそれぞれの解説ページへ)

必要な機能に応じて、必要な拡張ブロックを選んで追加します。それぞれインストーラを準備しています。対話ロボットや対話システムの全体設計についてはこちらのページで詳しく説明します。

micro:bitの拡張ブロック s2microbit-ble は Windows10 や Mac OS X でも使えますが、他は今のところ Windowsのみです。

用意するもの

各拡張ブロックの説明

s2speak (OpenJTalk)

テキストを入力すると音声を合成します。

s2listen (Julius)

音声をテキストに変換します。

s2face (OpenCV)

顔の位置と大きさを検出します。

s2aio (Arduino)

ArduinoをScratchから使うためのs2aio(MrYsLab)をインストーラ版にしました。

s2microbit-ble

BBC micro:bit を Bluetooth (Low Energy) で使うことができます。(Windows10とMac OS Xに対応しています。) 電子回路だけでなくゲームコントローラなどいろいろなものを作成することができます。